Wordでデザイン

1/3ページ
思ったようにならないWordでデザインする時のキモ。

|21|タブ 2 複雑な設定

今回は前回より複雑なタブ設定をしてみます。ルーラーを使った設定になりますのでルーラーを表示する必要があります。 ルーラーとマーカー 上の例はウォーキングやサイクリングの行程表で、タブは左揃え、小数点揃え、中央揃え、右揃えの4種類、タブリーダーは使用し […]

|20| タブ 1

喫茶店のメニューやレポートの目次を作るときに便利なのが、タブです。 例えばメニューの場合、飲み物は左揃えに値段は右揃えにするのが普通です。これをスペースや「…」などを間に入れると揃わなくなることが良くあります。品名にアルファベットを使うと完全にお手上 […]

  • 2020.01.18

|19| インデント・ルーラーでの設定

前回はインデント、タブなどで使われる「文字幅」について書きました。段落ダイアログボックスではインデントやタブを「文字幅」で指定するのが基本になっています。インデント、タブはルーラーでも設定できます。段落ダイアログと違いリアルタイムで変化を見られるので […]

|18| インデント・タブ — 文字幅という単位

インデントやタブは字下げや文字列の位置を揃えるなど、文章の体裁を整えるための便利なツールです。Wordでは便利な反面使いこなすのが難しい要素にもなっています。なぜ難しいかというと「文字幅」という単位がよく分からないからです。 「文字幅? 分かりやすい […]

|15| Wordでの解像度の扱い 

前回は写真の解像度について説明しましたが、Wordでは写真の解像度をどのように扱っているのでしょうか? Wordに挿入された写真はWord上に貼り付けられた大きさによって解像度が変わっていきます。写真を縮小すると解像度は高くなり、拡大すると低くなりま […]

|14| 写真解像度(ピクセル密度)

「最近のスマホやタブレットはスクリーン解像度が高い」とか「この写真は解像度が低い」というように解像度という言葉は色々な意味で使われています。一般にピクセル数が多いと解像度が高いというように使われていますが、解像度とはなんでしょうか? テレビの世界では […]

|13| 固定値の位置 Wordを深掘り

前回、固定値にすると文字の位置が下がると書きましたが、グリッド線を表示させてみると文字の下側にいくらか空きができます。行間隔の値を変えてみると一定の空きではなく行間隔の値に応じて変化しているように見えます。何を基準にしているのか知りたくなり、調べてみ […]

|12| 行送り・行間 2   固定値

行間隔設定のまとめ 前回で行間隔の設定を色々と書きましたが、表にまとめてみます。 「固定値」以外は同じ大きさのフォントでも異なるフォントを混在させると行によって行間隔が異なる可能性があります。例えば、MS明朝の文字列の中にメイリオの文字を混在させると […]

1 3